チラシ印刷やポスター印刷をはじめ各種印刷なら日本平版株式会社にお任せください。

HOME » テクニカルガイド » Adobe Inesignについて

Adobe InDesignについて

データの作成ポイント、入稿時のチェックポイントなどデータ入稿前の最終チェックリストとしてご活用できることをまとめました。
Adobe InDesignで作成する場合のデータ準備についてまとめましたので下記の項目をご一読の上、当社の環境で出力できるデータ形式でご入稿ください。


フォントについて

当社で対応できないフォントについては必ず事前にアウトラインを作成してください。
アウトライン作成によりレイアウトが変わってしまう場合があります。
当社フォント対応状況についてはテクニカルガイド「対応フォント」にてご確認ください。


配置について

Illustratorデータを配置する場合

PDFの配置には対応していません。

またIllustrator形式(AI)も内部的にPDFの要素が含まれていますので、配置しないでください。
配置する場合、文字をアウトラインで作成したEPS形式で配置してください。

画像データについて

リンク画像データは必ずすべてご一緒にご入稿ください。

配置データのリンク状態は「リンク」パレットで確認していただけます。
正常にリンクがされていることをご確認の上、ご入稿ください。


カラーモードにご注意ください

カラーモードにご注意ください

「編集」 → 「カラー設定」を選択

作業用スペース:
RGB:Adobe RGB (1998)
CMYK:Japan Color 2001 Coated



フルカラー印刷の場合

印刷はCMYKのインクで再現しますので、印刷データは「CKYKカラー」で指定してください。
リンク画像も同様にCMYKに変換してください。
特色やダブルトーンが使用されたデータは、強制的にCMYKカラーに変換されるため意図しない仕上がりになることがあります。

モノクロ印刷・1色印刷の場合

印刷データは「グレースケール」、「モノクロ2階調」のどちらかで作成してください。
カラーデータが残っている場合は不備データとなりますのでご注意ください。


レイヤーについて

不要なレイヤーや、非表示のレイヤーは削除した上でご入稿ください。


入稿データ形式について

ネイティブ形式(INDD形式)のみとなります。InDesign互換形式(INX形式)でのご入稿は避けてください。
なお当社では、PDFでのご入稿を推奨しています。

PDFの保存方法

[ファイル]メニューから[PDF書き出しプリセット]→「PDF/X-4:2008(日本)」を選び、
任意の名前と保存場所を指定してください。

インデザイン

インデザイン[一 般]
書き出すページを必要に応じて設定してください。また「見開き印刷」のチェックは必ず外してください。
なお、プリセット選択時に「PDF/X-4:2008(日本)」を選択しても、下には「PDF/X-4:2010」と表示されますが、これはInDesign CS5.5の仕様です。

インデザイン [圧 縮]
当社推奨の設定となります。
※不必要に画像の解像度が高いものは下げる設定としていますが、品質への影響が無いよう十分な余裕をもたせています。

インデザイン [トンボと裁ち落とし]
「裁ち落とし」はすべて3mmとし、「ドキュメントの裁ち落とし設定を使用」のチェックは外してください。

すべてを設定し終えたら、「書き出し」をクリックすることで、最初に指定した場所にPDFファイルが作成されます。


メールでのお問い合わせ